忙しくても申込める

お金が必要になったけど忙しすぎて自由になる時間が少ししかない、疲れすぎて遠出する気力がない、そんな方でもインターネット申込を利用すれば、気軽にカードローンを申込むことができます。申込みは24時間対応で、審査のほとんどがWEB上で完結するので来店する必要は一切ありません。自宅にいながらにして、融資を受けることが可能なのです。

 

パソコン、携帯電話、スマートフォンを利用すれば、時間や場所を気にする必要がなく、開いた時間に申込みをすることができます。提出しなければならない書類もスキャンやカメラアプリで撮影したものを送信するだけなので、郵送する手間も省けます。また午前中に審査が完了すれば即日融資も可能であるため、急な出費や冠婚葬祭、給料日までのつなぎといったさまざまなシチュエーションにも対応できます。

 

消費者金融がほとんどだったインターネット申込みは、今では銀行でも受け付けており、利用できる金融会社の幅が広がっており、金融会社によってさまざまな特徴やサービスがあります。即日キャッシング、低金利、無利息期間、返済方式など、法人融資、それぞれの会社の特徴を比較し、自分にあった金融会社を選びましょう。

 

申込みから融資までの流れ

利用したい金融会社の公式ホームページに行き、申込みページから申込みを行なうことができます。「いきなり申込むのはちょっと不安」という方は、借入診断を使って審査に通るか確認しましょう。もちろんこれは簡易的なものなので、診断結果が良くても必ず通るわけではりませんが、目安にはなります。借入診断を行なった後、そこから直接申込みページに行くと借入診断で記入した情報が対応した項目に記入され、少しだけ手間が省けます。

 

申込みページでは、名前や生年月日といった基本的な個人情報、住所、勤務先、年収、希望する融資額といった情報を記入していきます。誤字や脱字、間違いなどがあると審査評価に悪影響を及ぼすので、送信する前に内容をきちんと確認しましょう。必要書類は携帯電話やスマートフォンで送信することができます。その際、画像は鮮明で内容の全てがはっきり見えるようになっていなければなりません。特にカメラ機能やアプリを使用する場合、ブレがあったり、影になったり、見切れたりしないように気をつける必要があります。

 

送信後は申込みの混み具合や審査状況などにもよりますが、消費者金融の場合は最短30分程度で審査結果が届きます。銀行の場合は仮審査と本審査に分かれているので、それぞれの審査結果が順番に届きます。審査に通ったらWEB、来店、郵送などいずれかの方法で契約を行ないます。WEB契約はWEB上で契約内容を確認した後お金が銀行に振込まれ、来店――自動契約機や有人店舗まで行く場合はローンカードがその場で発行されます。郵送の場合は書類を受領した後、カードが利用可能になるため少し時間がかかります。

 

即日融資を希望している場合は平日の午後2:00までに審査を完了している必要があります。この時間を過ぎてしまうと、ほとんどの金融会社では即日融資ができなくなり、翌日に持ち越されてしまいます。しかしプロミスであれば三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方に限り、24時間振り込みが可能となっています。この条件に当てはまる方は是非活用しましょう。

 

審査が早く、即日融資が可能だとしても、審査状況や申込む側の対応によっては時間がかかる場合があります。思わぬところで時間を取られないようによく準備してから申込みましょう。

 

審査に必要な書類

審査で必要となる書類は大きく分けて二つあります。本人であるかを確かめるための本人確認書類と収入証明書です。これらの書類は申込む方の国籍や、職業形態によって必要となるものが増えたり、違ったりします。また希望する融資金額によっては特定の書類が不要になる場合もあります。必要となる書類をきちんと把握しておかなければ、審査に時間がかかることもあるので確認と収集は事前に行なっておくと良いでしょう。

 

本人確認書類
申込んだ本人か、住所や生年月日に間違いはないか、カードローンを利用できる条件を満たしているかなどを確認するために利用されます。提出する書類はコピーや写しでかまいません。

 

基本的なものは以下になります。
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・印鑑証明書
・住民票
・住民基本台帳カード

 

上記のいずれか一つを提出すれば良いので、多くの方は運転免許証や健康保険証などを提出するのが最も簡単な方法になります。特に健康保険は、誰でも加入できる国民健康保険よりも、会社が加入しているもの、共済保険、組合保険、社会保険などの方が評価は高くなります。きちんと仕事をしており、継続した収入が得られていることの証明になるからです。

 

外国人の場合は上記に加えて以下の物が必要となります。
・外国人登録証明書
・特別永住者証明書
・在留カード

 

銀行カードローンを利用する場合、対象は日本永住者に限られます。消費者金融の場合は中期滞在者までなら対応してくれるところもありますが、出入国が頻繁であると評価は下がるようです。

 

収入証明書
収入証明書は、給与所得者(公務員、サラリーマン、パート、アルバイトなど)であるか自営業者であるかで提出する書類が違います。

 

提出可能な収入証明書は以下のとおりです。
・給与明細書
・源泉徴収票
・所得証明書
・課税証明書
・納税証明書
・確定申告書

 

給与所得者は源泉徴収票や所得証明書を提出すると良いでしょう。もしこれらが手元になく、入手までに時間がかかるようであれば、直近3カ月以内の給与明細書を2つ提出すれば問題ありません。
申込者が自営業者である場合は、課税証明書、納税証明書、確定申告書のいずれかの提出が求められます。
ここに挙げた以外にも提出可能な証明書があるので、金融会社のホームページを確認しましょう。
また年金受給者が申込む場合は、年金証書や年金通知書といった書類が必要になります。

 

収入証明書が不要になるケース

希望融資額が少額である場合、収入証明書の提出が不要になることがありますが、銀行と消費者金融でその条件が違います。

 

銀行の場合

銀行の場合、収入証明書が不要となる金額は銀行ごとに設定されています。大抵の場合100万円以下、200万円以下、300万円以下というように設定されています。それなりの金額でも収入証明書が不要であるので、大きな金額を急いで借りたいときに証明書の取得手続きやそれにかかる時間を削減できるというメリットがあります。

 

300万円以下

オリックス銀行カードローン
楽天銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン

 

200万円以下

みずほ銀行カードローン

 

100万円以下

新生銀行カードローンレイク
イオン銀行カードローン

 

(いずれも2015年6月時点の情報です。)

 

消費者金融の場合
消費者金融の場合はどこであっても収入証明書が不要になる条件は同じです。

 

条件とは

・50万円以下の融資を受ける場合
・複数社からの借入が合計で100万円以下の融資になる場合
これらの条件を満たしていると収入証明書の提出は原則不要となります。銀行と比べ条件が厳しくなっていますが、この条件は賃金業法で定められている条件であるため、全ての消費者金融に適応されています。

 

少額融資を希望している方は、収入証明書の提出を求められることは少ないでしょう。しかし他社借入がある場合、少額融資を希望しても合計で100万円以上になるようだと収入証明書の提出が必ず求められるので、注意が必要です。

 

必ず不要であるわけではない

収入証明書不要と書いてあっても、これはあくまで原則的なものです。条件を満たしていても、さまざまな要因で収入証明書の提出を求められることがあります。また高額融資を希望する場合や他社借入件数が多いと、必要になる可能性は上がるでしょう。不測の事態にも対処できるように、必要書類はできるだけそろえておきましょう。